眠れるようにする

眠れるように入浴をしっかりとすること

風呂にはいるときは汚れを落とすだけという簡単なイメージを自分の中で飼ってに作っていた私。しかし、睡眠や疲れのことを考えると、考えた睡眠方法を利用することが重要になりますね。

 

人間は体温がゆっくりと低下していく時に眠くなってくると言われています。ということで、入浴後は眠くなりやすくなるといわれています。入浴で温まった体が徐々に体温が低くなっていく過程で自然に眠りがムレるようになる。

 

こういったリズムを大切にすることがだいじなわけなんですね。
更に、入浴は体温の変動による眠気を誘うだけでなく、体の疲れを癒やしたり、汗や汚れによる不快感を取り去り、首や肩などの筋肉の緊張を取り去る役目も果たしてくるわけなんですね。これらの心身のリラックスにも無論睡眠の作用があると言われているために、上手く利用しておくことがだいじ。

 

ただし、熱いお湯ではなく、少しぬるめのお湯を利用することがだいじ。起きる減少で、熱しすぎる風呂にはいると逆効果になり、体温が脚上昇してしまうために、十分に注意をしなくてはいけない。

 

使い方を間違えると、疲れや睡眠作用が低下する恐れもあるために、自分にあった使い方を行うことが重要になりますね。