寝れない悩みにネギを食べる

寝付きが悪い時にネギが関係する

隣国の韓国では寝る前にレタスをポリポリと食べるそうです。
そんなお隣の国なんですが、日本では昔ネギを食べることで、睡眠を高めていた、そんな話があるんだそうです。

 

薬草として扱われ、漢方では、発汗や利尿、解熱、滋養強壮、それからクチユウなどに効果があるそうなんですが、実はこのネギは不眠症の改善にも効果があるんだって。確かに疲れを癒やすという話は聞いたことあったんですが、意外や意外に睡眠作用があるとは知りませんでした。

 

もともとねぎは栄養学的に血行を属するために、毎日のように食べたいのですが、消化酵素の分泌を促し、ビタミンB郡お吸収を助けることが言われているそうです。
そういった中で、安眠を助けるネギの有効成分は量化アリルで、これはにんにくにも含まれているんだって。

 

ネギの仲間のいずれにも含まれているのですが、特に多い成分として有名で、ビタミンBの多い成分を吸収することで、疲れを癒しつつも、睡眠をちゃんと取れるとのこと。

 

体内に入った時に、強烈な匂いだけでなく、大脳に強く働きかけて、緊張感をほぐし、精神を安定させる。

 

特にネギの白い部分にアリル成分が含まれているために、寝れない日が続いているときなどにオススメと言われています。